2013年05月25日

水辺の生き物探しをしました

暑くなってきた5月、鎌倉中央公園で水辺の生き物探し。18人が参加しました。

サクラの黒い実を見つけて、食べてみます。
「黒いのが甘いよ。」さっそく、手も口も真っ黒。
sakuranbotoru1305.gif

小川で、カワニナやタニシなどの貝を見つけます。
カワニナは、ホタルの幼虫のえさにもなる巻貝です。

ししいしそばの川で、たっぷり水遊び。
金属製の、目の細かい網で水底の土ごとすくって水中で振ると、生き物が見つかります。
エビもいました。
ebirenpuku1305.gif

田んぼから流れてきたオタマジャクシ。
カワトンボやヤマサナエなど流れのある水辺にすむトンボ、
ヤマサナエの抜け殻も見つかりました。

「みつけたよ」マシジミやエビなど、生き物を見つけるのがとても上手な子。
「わあー、ほんとだ、すごいね!」 
こんな声かけが嬉しくて、次々に生き物を捕って見せにきてくれます。

来園された方が捕ったアメリカザリガニも見せていただきました。
「おっきい」「すごいね」

「こういう風に自然の中で生き物を見つけていくと、
理科がみんな好きに、得意になるんです」と、元教員の齊藤先生。
今や貴重になった、豊かな谷戸の水辺の生き物と、
たくさん出会うことができました。
kawaikimonosagashi1305.gif

クワの実を思いっきり食べて、また真っ黒。
「甘い」「もっともっと!」
「食べ物に群がるアリみたいだな」とお父さん。

「子どもたちが、会うたびに成長していくわね。」
月1回の開催で、今回で半年。最初は大泣きだった子(我が家を筆頭に^^;)も
すっかり慣れ、はじける笑顔で走り回っています。

「連福は、まったりした雰囲気がいいね。」
ゆっくり、子どものペースで大人も自然とのふれあいを楽しみ
子どもの発見に一緒に感動する…。
自然にはいろいろな親しみ方がありますが、
こんな活動で、子どもも大人も、思いっきり自然の中で楽しんでいけたらいいですね。
posted by ecoblog at 21:00| 未来・連福自然楽校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

鎌倉の世界遺産「不登録」…残念ですが、鎌倉の良さをこれからも

鎌倉の世界遺産「不登録」の勧告が出されましたね。
残念ですけれど、
人がこれ以上増えたら大変、
今のままの鎌倉が好き、
といった地域の皆さんの声もあります。

鎌倉は、このまちを好き、という皆さんの思いで、
美しい自然や文化、景観が守られてきたところです。

谷戸の自然、海や川、社寺、昔ながらの趣あるまちなみや小道…
たくさんの方のあったかい心で
守られてきた、素朴なまちなみが、
鎌倉のいいところなのでは、と思います。

これからも、今までとおり、
鎌倉のまちのすてきさ、素晴らしさを
みんなで大切にして、
いつまでも、「やっぱりいいなあ」と感じられる
鎌倉であってほしいな、と思います。
posted by ecoblog at 06:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。